タグをコピーして、「購入完了ページ」や「登録完了ページ」などのコンバージョンを測定するページ内の設置済みのサイトジェネラルタグより後(内も可)またはコンバージョンアクションのタイミングに設置してください。 従来版のタグは従来の広告管理ツールからご確認ください。
top of page

夏の生理中におすすめの飲み物と避けるべき飲み物

夏の暑い時期に生理を迎えると、体調管理が一層重要になります。水分補給はもちろんのこと、飲む物によっては生理痛や不快感を軽減する効果があります。ここでは、夏の生理中におすすめの飲み物と、避けるべき飲み物について紹介します。

おすすめの飲み物


1.

水分補給の基本です。十分な水分を摂取することで、体内の循環が良くなり、生理痛の軽減にもつながります。夏場は特に汗をかきやすいため、意識的に多めに飲むようにしましょう。


2. ハーブティー

カモミールティーやペパーミントティーは、生理痛の緩和に役立ちます。カモミールにはリラックス効果があり、ペパーミントには鎮痛作用があります。


3. レモン水

レモンを絞った水は、ビタミンCが豊富で、体をリフレッシュさせる効果があります。レモン水はまた、消化を助け、体内のデトックスを促進します。


4. ココナッツウォーター

天然の電解質が豊富で、脱水症状を防ぎます。また、カリウムが含まれており、体内のバランスを整えるのに役立ちます。


5. 生姜湯

生姜には抗炎症作用があり、痛みを和らげる効果があります。温かい生姜湯は、生理痛の緩和や体の冷えを防ぐのに役立ちます。

おすすめできない飲み物


1. カフェインを含む飲み物(コーヒー、エナジードリンク、紅茶)

カフェインは利尿作用があり、脱水を促進するため、夏場の生理中には避けた方が良いです。また、カフェインは血管を収縮させ、生理痛を悪化させることがあります。


2. アルコール

アルコールも利尿作用があり、脱水を引き起こす可能性があります。また、ホルモンバランスを乱し、生理痛や気分の変動を悪化させることがあります。


3. 砂糖を多く含む飲み物(ソフトドリンク、ジュース)

高糖分の飲み物は血糖値を急上昇させ、その後の急降下が疲労感やイライラを引き起こすことがあります。また、体内の炎症を促進する可能性があるため、生理痛を悪化させることがあります。


4. 冷たい飲み物

冷たい飲み物は一見爽やかに感じますが、体を冷やすことで血流を悪くし、生理痛を悪化させる可能性があります。特に、生理痛がひどい場合は、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

まとめ


夏の生理中には、適切な飲み物を選ぶことで体調管理がしやすくなります。水分補給をこまめに行い、生理痛を和らげるハーブティーやレモン水などを積極的に取り入れましょう。一方で、カフェインやアルコール、砂糖の多い飲み物は避け、冷たい飲み物も控えることをおすすめします。これらのポイントを押さえて、快適な夏を過ごしてください。

コメント


bottom of page