タグをコピーして、「購入完了ページ」や「登録完了ページ」などのコンバージョンを測定するページ内の設置済みのサイトジェネラルタグより後(内も可)またはコンバージョンアクションのタイミングに設置してください。 従来版のタグは従来の広告管理ツールからご確認ください。
top of page

古代から現代までの生理痛の進化

生理痛(生理困難症)の理解と対処法の進化について、古代から現代までを振り返ってみましょう。

古代の理解と対処法


古代エジプト・ギリシャ・ローマ:

  • 生理痛は神聖な力や呪いと関連づけられることが多く、医学的な理解は限られていました。

  • ハーブや植物の使用が一般的で、鎮痛効果のあるハーブ(例:ペパーミント、カモミール)を煎じて飲むことが行われていました。


中国古代医学:

  • 生理痛は「気」の不調や「血」の滞りとして説明され、鍼灸や漢方薬が用いられました。例えば、当帰や芍薬などの漢方薬が生理痛に用いられていました。


中世から近代の理解と対処法


中世ヨーロッパ:

  • 生理痛は神秘的なものとされ、祈りやおまじないが対処法として用いられることがありました。

  • ハーブ療法も引き続き用いられ、例えばセイヨウオトギリソウ(セント・ジョンズ・ワート)やバレリアンなどが使われました。

近代ヨーロッパ:

  • 18世紀から19世紀にかけて、医学の進歩とともに生理痛の理解が深まりました。医学的なアプローチが始まり、ヒル治療や吸血法などが試みられました。

  • アヘンやモルヒネなどの鎮痛薬も使用されるようになりました。


20世紀の進化


初期の20世紀:

  • アスピリンが広く使用されるようになり、生理痛の一般的な対処法となりました。

  • 物理療法(温湿布やホットウォーターボトル)も引き続き用いられました。


中期の20世紀:

  • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が開発され、イブプロフェンやナプロキセンが生理痛の治療に効果的であることが確認されました。

  • 経口避妊薬(ピル)が導入され、生理痛の予防や軽減に効果があることが分かりました。


現代の理解と対処法


薬物療法:

  • NSAIDsやピルに加えて、新しい薬物療法が開発され、より効果的な鎮痛薬やホルモン療法が利用されています。

  • 鎮痛薬としては、パラセタモールやトラマドールなどが使われています。


物理療法と代替療法:

  • 温熱療法や鍼灸、ヨガ、マッサージなどの代替療法が広く利用されるようになっています。

  • 生活習慣の改善(運動、栄養バランス、ストレス管理)も生理痛の軽減に有効です。


ホルモン療法:

  • レボノルゲストレルを含む子宮内デバイス(IUD)が生理痛の軽減に利用されています。

  • ホルモン注射やホルモンパッチなどの選択肢も増えています。


新しいアプローチ:


現代の生理痛緩和デバイス:セラフィナF


セラフィナFは、TENS(経皮的電気神経刺激)技術を使用した生理痛緩和デバイスです。

このデバイスは、神経を刺激することで痛みの信号をブロックし、自然な痛みの緩和を促進する。TENS技術は多くの臨床試験でその有効性が証明されており、薬物に頼らずに痛みを軽減できる点が特徴であります。

  • 特徴:

  • 重量は約17グラムと非常に軽量で、充電式であり、スカートやズボンのウエスト部分に簡単に取り付けられるため、他人に気づかれることなく使用できます。

  • 6つの周波数パターンと0~60までの電流調整が可能で、個々の痛みの強さに応じてカスタマイズが可能​です。


  • 利便性:

  • コンパクトかつ軽量で持ち運びが容易であり、忙しい日常生活の中でも簡単に使用できます。

  • 学校の保健室や企業の福利厚生としても活用できるため、多くの女性にとって便利な選択肢となっています。


セラフィナFは、生理痛に悩む多くの女性にとって革新的なテクノロジーを駆使して生理痛を緩和し、日常生活に快適さをもたらすデバイスです。


 

お問い合わせ


❀「月経痛緩和デバイスセラフィナF」購入先


Amazonはこちらから


公式オンラインショップはこちらから


楽天市場はこちらから


 Yahoo!ショッピングはこちらから

Comments


bottom of page